【仕事術】迷わない仕事のすすめかた「なぜ思考」/会社で教えてくれない世渡りのススメ
08/05/31

こんにちは、所長の辰巳です。


仕事をしていて何かしらの「迷い」に遭遇することってあると
思います。

誰でも何かしらの「迷い」と戦うことがあるのではないかと。

今日はこの「迷い」と戦う思考法をひとつ紹介しようと思います。

たとえば
毎日帰りが遅かったり、お客様や上司にしかられたり、「もーなにやってんだろ!」
とイライラすることが続くと、何もかもがうまく回らず
嫌になってしまう。いつまで続くのかと途方に暮れる。

そんなとき「迷い」は襲ってきます。

ひとたび迷いだすと悪循環はどんどん加速し、「辞めようかな」とか
「ブッチしちゃおうかな・・・」などとよからぬことを考えがち。

そこでひとつだけ投げかけをしてみてください。

「なぜ?」と。

この「なぜ?」の矛先はいまの仕事や、顧客や上司の怒り、うまく回らないことへの
疑問や、取り組んでいる仕事への目的・・・

ありとあらゆることへ「なぜ?」と投げかけることでマイナスのスパイラスを止めることができます。

多くのことは理由があって成り立っています。

ひとつひとつを紐解くと、ちょっとした一言が足りないことで起こったり、最初の準備が
悪かったり、自分を含む誰かの慢心や手抜きから
起こったことだったり・・・意外と些細なことが発端になっていることに気づくが多いです。

理由が複雑化している人はさらに「なぜ?」と深くしてみましょう。

どうでしょうか。意外と小さなことからここまでの迷いに発展していることに気づく方も
いらっしゃるのではないですか?

迷ったときは「なぜ思考」で目的や原点に還る。深く思考する。

ぜひやってみてください。

みなさんの負のスパイラル思考が止まることをお祈りしております。

もうすぐ梅雨入り。ジメジメ思考を追い出す方法の話でした。

それではまた。