『言われた事をやってます』は5段階評価のなに?/上司や先輩、お客様に嫌われない方法
10/09/03
マネジメントにおける目標値の考え方にもよりますが、『言われた事をやってます』
というのは5段階のなにでしょうか。


私は『3』だと思います。
言われた事をやるというのはオーダーに応えただけなので言わば『フツー』です。


フツー…つまり義務を果たしただけなので最低限の存在を確保出来たに過ぎません。


ところが『5』を要求する人がいるのは何故でしょうか。



続きを読む...


告げ口をやめろ/上司や先輩、お客様に嫌われない方法
10/09/01
『◎◎さんの業務ミスが多いので外して下さい』


よくある話。


ミスの事象や損害だけで外すかどうかの判断をしてはいけない。


そんなものは幼稚な『告げ口』だからだ。



続きを読む...


プロ顔でいこう!「シェイクスピアの言葉」/上司や先輩、お客様に嫌われない方法
10/05/11
シェイクスピアの言葉でこんなのがあります。



「人間は二つの顔を持つ。ひとつは神から与えられたもの。

もうひとつは自分で創るもの」




どういう意味かというと、自分の顔は持って生まれたものもあるが、顔つきは

自分の精神状態や気持ちで変わるという意味です。




つまり、やる気がなかったり、気持ちが入っていないと顔に出てしまい、その

顔は輝きを失ったひどい顔にもなれば、

やる身に満ちあふれ、精気の入った顔は輝く顔にもなるということです。







続きを読む...


行為の目的化と闘う/上司や先輩、お客様に嫌われない方法
10/04/19

今日は変なタイトルですが、「行為の目的化」についてお話しします。



今日、こんなことがありました。


実はここ数日、あるインターネット情報提供サービス会社と軽くもめています。

3月にリニューアルオープンするはずのサービスが2ヶ月ほど遅れています。


旧来からこのサービスを使っているのですが、リニューアルに際し、こちらの問題もあるのですが
まともな説明を受けていません。
まともな説明を受けていないとカスタマー系の方に苦情を申し上げたところ、


「営業担当者から電話させます」・・・ここまではまぁいいでしょう。


すると、営業担当者から電話が。

「このたびは・・・」から始まり、挨拶とお詫びもそこそこに電話で説明を始めました。
「今回のリニューアルのコンセプトは・・・」

私が制止し、「キミ、どんな指示を受けて電話をしてきたの?」

「電話で説明をするよう、指示されて電話しました」とのこと。

おいおい、違うだろ。




続きを読む...


上っ面坊主のハナシ/上司や先輩、お客様に嫌われない方法
10/04/17
「はい!」

「わかりました!」

「そう思ってました!」



返事はいいが、行動に移らない。こんな人、身の回りにいませんか?

仕事柄、会議やプロジェクトに参加することが多いのですが、こういう方

たまにいます。


こういう方は同じ失敗を繰り返します。


続きを読む...


意外と見られている細かい仕草/上司や先輩、お客様に嫌われない方法
10/04/14
こんばんは。

今日は意外と見られている細かい仕草の話をします。

今日、お会いしたある会社の代表者の話。


【前提】
今日、私は呼ばれて行きました。アポをお願いしたわけでも、注文の話でも
ありません。その会社の方を通じ、ただ呼ばれたのです。

1.名刺を片手で渡された
これはまずいです。これは皆さんも分りますね。

2.半身で渡された
これもまずいです。斜に構えられたわけですから。

3.席に着くとき名刺をポンと投げた
これはあり得ません。


続きを読む...


【基礎を先人から学べ】人と違うことをしたがる人たちへ/上司や先輩、お客様に嫌われない方法
09/10/12

最近どういうわけか・・・

「他の人と同じではダメなんです。私らしくやりたい」
こういう意味合いのことをおっしゃる若手社員が増えているような気がします。

言葉には出さなくても、言動でそういう雰囲気を醸し出す方も含めてです。

それらしく言って自分勝手にやりたいという方は論外として、ここでは人と違うことで
成果を上げたい人へのコメントとさせていただきます。


人と違う何かを出して、仕事で成果を上げるならば・・・


結論から申し上げます。

「徹底的に基礎を学べ」

これに尽きます。
続きを読む...


上司との信頼形成のコツ/上司や先輩、お客様に嫌われない方法
09/10/07
結論から申し上げます。

「信頼なくして付き合いナシ!」

上手くやろう、うまく取り付こう・・・などと考えると、見抜かれます。
仮にだませても、いい付き合いにはなりません。

信頼を得るために、以下のことを考えてください。
(以下は上っ面では絶対に出来ません。よく理解してやってください)

1.仕事を早く覚えて、成果を上げる

これは当たり前の話ですね。仕事を覚えて、自分は出来ると認識させないと
信頼は生まれません。




続きを読む...


義務と権利。主張とお願いを使い分けろ/上司や先輩、お客様に嫌われない方法
09/09/25

こんにちは

今日は義務と権利の話をします。言い切り部分が多く、少々受け入れにくい話も
あるかも知れませんが、ご容赦ください。

先日ライフワークバランスのお話を某氏からお伺いすることがありました。
素直に受け入れるには少々難しい部分も今の日本にはあるでしょう。

考え方や、取り組みはすばらしいものがあります。

しかし、これを義務を果たさない前提で権利として主張するとなると・・・
やはり多くの経営者の皆様にとっては受け入れにくいものになるでしょう。

さて、ここからが本題。

突然ですが・・・皆さんは「義務」を果たしていますか?

これは会社の方向にそぐわぬ行動、実績を経過も含めて成果として出しているか
どうかを指します。

「数字は達成しているので大丈夫」

こういうことではないと言うことです。


続きを読む...


上司や先輩、お客様に嫌われない心構え/上司や先輩、お客様に嫌われない方法
09/03/09
こんにちは。

新シリーズとして「上司や先輩、お客様に嫌われない方法」をスタート
します。

第一回は・・・「何をすればいいのか?」を概念的に解説します。

以降、作法や振る舞いみたいな話は入れていきますので、お楽しみに。


心構えは・・・

1.「身の程を知れ」です。

言葉自体はハードな場面で使われることが多いですが、非常に親切な言葉
です。

「身の程」・・・わかりやすいです。

1年目〜3年目の若い方でこういう方がいます。

なぜか自分が「出来る」と思い込んで、経験則ですべての答を出そうとします。
その方よりも経験の長い方や、勉強されている方から見ればこれはまさに
続きを読む...